産経ニュース

【政界徒然草】都知事選で小池百合子流のけんか殺法はどこまで通用するのか? 鳥越俊太郎氏の出馬でやや計算に狂いが…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政界徒然草】
都知事選で小池百合子流のけんか殺法はどこまで通用するのか? 鳥越俊太郎氏の出馬でやや計算に狂いが…

有権者らと握手する小池百合子氏=14日午後、東京・新宿 有権者らと握手する小池百合子氏=14日午後、東京・新宿

 さらに、小池氏は外国人地方参政権をめぐって増田氏への批判を強めている。14日の第一声では「反対だ。地方だからいいと思っているのは大間違いだ。何らかの意図を持った人が押し寄せてきたらどうなるのか。地方自治だからと外国人参政権をむやみに与えるのは反対だ」と明言した。

 これは、岩手県知事時代に外国人地方参政権付与に前向きな発言をした増田氏と、付与に慎重な自民党とのズレを突いた発言だ。都連内にも増田氏擁立前から「そこは修正させなきゃいかん」との声が強かった。

 増田氏は14日のBSフジ番組で「地域のコミュニティーでの意向を重視していくべきだ。岩手県知事時代、私は県民の意見を聞いて『賛成だ』と言った。都民の意見を聞くと、反対の方が大変多い。そういう意見に従うべきだ」などと釈明に追われた。

 対鳥越氏では、小池氏は「究極の後出しジャンケン」と批判し、政策面での出遅れを指摘している。

 この手法は、党内の反対派を「抵抗勢力」と位置づけ突破力を印象づけることで国民の支持を得た小泉氏の手法に重なる。

 小池氏はまた、14日の第一声で「私は幼いころ、バイオリンを習っていた。下手くそだった。私のバイオリンを、皆さまの力を得てオーケストラにしていきたい」と語り、支持を訴えた。実はこれ、細川護煕元首相が平成4年5月、小池氏も参画した日本新党結党会見で語った「私がソロを弾き始めた。次第にそれが大きなオーケストラになる」という言葉を意識したものだった。

続きを読む

「ニュース」のランキング