産経ニュース

【山本優美子のなでしこアクション(2)】サンフランシスコの邦人は歴史戦の最前線にいます 外務省はぜひジャパン・ハウスで参戦を

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【山本優美子のなでしこアクション(2)】
サンフランシスコの邦人は歴史戦の最前線にいます 外務省はぜひジャパン・ハウスで参戦を

なでしこアクション代表の山本優美子さん なでしこアクション代表の山本優美子さん

 これまで韓国系団体が主導してきたのに変わって中国系団体が初めて慰安婦問題に乗り出したサンフランシスコ市議会。戦略的で圧倒的な議会ロビー活動で慰安婦記念碑設置決議は採択されました。推進派を仕切った元サンフランシスコ高等裁判所裁判官のシン女史とタン女史は後日、在サンフランシスコ中国総領事に表彰されています。

 公聴会では多くの日本人・日系人も反対意見を述べましたが、こうした官民一体の中韓反日プロパガンダ連合に対し、日本人の民間有志がどのように頑張っても到底対抗できるものではありません。カンポス市議は「恥を知れ(Shame on you)」発言に対して謝罪を求める手紙に、さらなる「Shame on you」を送り返してきました。「これはどうにもならない。それどころか危険」-とその後反対の声は静かになってしまいました。

 それでも何人かの邦人女性たちは、今も関係者に反対の手紙やメールを送り、反対署名を集め続けています。子供たちのことを思うとあきらめるわけにはいかないのです。日本という国はいつまで民間の有志、それも子を思う母親たちを歴史戦の最前線に置いているのでしょうか。

 2016年7月現在、サンフランシスコの慰安婦記念碑と称する日本軍性奴隷記念碑は、中華街地区のセントメアリー公園が候補地となり2017年春設置の計画が進んでいます。

続きを読む

このニュースの写真

  • サンフランシスコの邦人は歴史戦の最前線にいます 外務省はぜひジャパン・ハウスで参戦を
  • サンフランシスコの邦人は歴史戦の最前線にいます 外務省はぜひジャパン・ハウスで参戦を
  • サンフランシスコの邦人は歴史戦の最前線にいます 外務省はぜひジャパン・ハウスで参戦を
  • サンフランシスコの邦人は歴史戦の最前線にいます 外務省はぜひジャパン・ハウスで参戦を
  • サンフランシスコの邦人は歴史戦の最前線にいます 外務省はぜひジャパン・ハウスで参戦を
  • サンフランシスコの邦人は歴史戦の最前線にいます 外務省はぜひジャパン・ハウスで参戦を

「ニュース」のランキング