産経ニュース

【都知事選・小池百合子氏出馬会見詳報(1)】小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【都知事選・小池百合子氏出馬会見詳報(1)】
小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」

自民党の推薦を受けずに都知事選の出馬を表明、会見する小池百合子元防衛相=6日午後、東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影) 自民党の推薦を受けずに都知事選の出馬を表明、会見する小池百合子元防衛相=6日午後、東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影)

 先ほどの日本新党の話に戻すと、しがらみがない政党だからいろんなことに挑戦することができた。とてもやりがいのある1年間だった。そして日本の構造改革にかける思いは今も変わっていない。また、このところいろいろと私のこれまでの経歴などをご紹介いただく放送などを見ていて、『政党がコロコロ替わる』というようなご指摘もいただいている。しかし、改めて申し上げると、それは政党の離合集散の結果であって、政党名が変わっただけであって、私の主張、思想、そして信念は一度も変えたことがない。改めて思うと、政党というのはあくまで機能体であって、仲間内の運命共同体ではないと思う。政党が機能を果たしてこそ、政党であり、そしてまた、自民党などはとても家族的ですばらしい政党だが、特にこの東京の自民党都連ということについては、むしろ改革が必要ではないかと思う。

 もう1つ、選挙区も変わった。兵庫から東京に移って戦った、あの平成17年の郵政選挙の時も崖から飛び降りる気持ちで挑戦した。当時、小選挙区と比例代表の掛け持ちというふうにみなさんがお考えになったかもしれないが、私はあえて覚悟を示すためにも、比例代表に名前を載せないでくださいという話をして、みんながあっけにとられたということを聞いている。つまり挑戦するときは退路を断つということが、私にとってのこれまでの生きざまだ。いつも安全ネットも設けずに飛び込むので、周りをひやひやさせることがあるが、やはり社会を変える、世の中を変えるときというのは、そういったことも必要だと思っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」
  • 小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」
  • 小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」
  • 小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」
  • 小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」

「ニュース」のランキング