産経ニュース

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(49)その生涯編・滝川事件

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】
独立不羈の男・河合栄治郎(49)その生涯編・滝川事件

前のニュース

(毎週土曜日に掲載します)

自由の外堀が埋められた

 帰国早々の河合栄治郎を待っていたのは、帝国大学の危機であった。時の文部大臣、鳩山一郎による京都帝大総長の小西重直に対する勧告からはじまった。それは法学部教授、滝川幸辰を罷免するよう求めるものだった。世にいう滝川事件である。

 ことの発端は昭和7(1932)年に、滝川が中央大学法学部で行った講演「『復活』を通して見たるトルストイの刑法観」という演題の内容にあった。文部省や司法省内に、滝川の講演があまりに無政府主義的であるとの批判が起きた。

 これを機に、帝大法学部の「赤化教授」追放の声がにわかに高まった。直接的には、滝川の『刑法講義』『刑法読本』の発禁処分をきっかけに、台頭しつつあった右翼勢力が火をつけていた。

 小西総長も教授会もこぞって拒否したが、文部省は5月になって文官高等分限委員会を開くと、強引に滝川の休職処分を決定してしまった。

 休職処分が発令されると、これに反発する京大法学部の教授全員が辞表を提出する騒ぎとなった。その上で「学問の自由と大学自治を侵すもの」との声明を出した。東京帝大の河合栄治郎は立ち上がりが早い。これに呼応して、発令3日後の5月29日付「帝国大学新聞」に寄稿して当局を批判した。

続きを読む

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎のニュース

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎の写真

  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(61)その生涯編・攻撃
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(60)その生涯編 戦火拡大
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(58)その生涯編・人民戦線事件
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(56)その生涯編・赤門人民戦線
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(52)その生涯編・孤高の戦い
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(51)その生涯編・不動の思想
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(48)その生涯編・1年ぶりの祖国
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(47)その生涯編・ソ連とドイツ
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(45)その生涯編・講演旅行
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(44)その生涯編・講演依頼
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(43)その生涯編・論争後
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(42)その生涯編・一騎打ち

「ニュース」のランキング