PR

ニュース プレミアム

こんな人は貧乏になりやすい!「5つの特徴」を専門家が解説

4)家計管理を一切しない

 必要な分を必要なだけ買い、余った分を貯金に回す人はこのタイプ。

 「貯金、積立、投資の計画は一切ありません。短期的、長期的にお金の計画を全くやっていない人は、いつまでたっても増えません」(山下さん)

5)小さな浪費癖がある

 「家に帰ればあるのに、我慢ができなくて、割高の定価商品を購入する人。コンビニのガムや自動販売機のジュースなど、無意識に浪費してしまいますが、ちりも積もれば山となります」(山下さん)

 スーパーのレジ横に並んでいるガムや乾電池、お菓子をついつい購入してしまう人は、早速今日から見直そう。

老後に向けたマネープランが必要

 貧乏にならないためには、若いうちから資産運用が必要なのだと山下さんは続ける。

 「働いている間は乗り切れても、いつか必ず老後はやってきます。いまの高齢者夫婦2人に必要な生活費から公的年金を差し引くと、毎月の不足金額は約7万円。これを貯蓄の中から取り崩してやりくりします。さらに、介護に必要なお金も計算しておかなくてはなりません。追い打ちをかけるようですが、公的年金は世代間扶養、つまり若い人の年金保険料で高齢者の公的年金を支えています。しかし、今後は若い人は少なく、高齢者が多くなっていきます」(山下さん)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ