産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】オワハラ?囲い込み?連絡がサイレント? 就活後ろ倒しによって企業が取る行動と実態

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
オワハラ?囲い込み?連絡がサイレント? 就活後ろ倒しによって企業が取る行動と実態

採用面接が解禁され、三菱商事本社の受付に並ぶ学生たち=1日午前、東京都千代田区 採用面接が解禁され、三菱商事本社の受付に並ぶ学生たち=1日午前、東京都千代田区

 そのため、解禁の6月以降に面接をした際には、同日か遅くても翌日には学生に連絡をし、次の面接の日時の予約を迫ります。企業側が指定した日程に来ることができない学生は、他の企業の選考中という確率が高くなり、仮に面接で他の企業を受けていないといったとしても、見破ることができるのです。また、早くに連絡をすることによって、他の企業よりも先に学生の面接の予約を済ませることができます。そうして企業側は、採用人数を確保しようと必死なのです。

 一見すると学生にとっては不利な状況のように思えるのですが、あながち悪いことばかりではありません。メリットとしては、夏・秋採用が活発になることです。上記で述べたように、企業の一斉選考により企業側としてはどうしても学生の辞退が避けられない状況になりました。しかし、企業側も一定人数を確保しなければならないため、一斉選考が落ち着いたときに、「2次募集」や「秋募集」といった形式で追加募集を開始するのです。 暑くなり早めに就活を終えたいと思っている学生も多いと思いますが、私としては納得のいく企業から内々定を勝ち取るまでは続けた方がよいと考えます。

続きを読む

「ニュース」のランキング