産経ニュース

在特会系の反韓デモと反対派が一触即発 白昼の福岡・天神で 記者もとばっちり

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


在特会系の反韓デモと反対派が一触即発 白昼の福岡・天神で 記者もとばっちり

在日コリアン排斥などを訴えるデモ行進(左側)と、それに反対するグループ(右側)が罵声を飛ばし合い、福岡市の繁華街は騒然となった=19日午後 在日コリアン排斥などを訴えるデモ行進(左側)と、それに反対するグループ(右側)が罵声を飛ばし合い、福岡市の繁華街は騒然となった=19日午後

 マイクを握った桜井氏が「竹島(島根県隠岐の島町)を取られたり、仏像を盗んだり、靖国神社を爆破したり。日韓断交を訴えることの何がいけないんですか」と叫ぶ。

 反対グループは「ヘイトスピーチ、許さない。」と書いたプラカードを掲げ、「帰れ」コールを繰り返す。

 だが、周囲からは両者の言い分に対し、冷ややかな声が聞かれた。

 バイト帰りの九州産業大1年の男子学生(18)は「怒鳴り合うのでは、物事は解決しないと思う」とあきれ顔だった。

 久しぶりに天神に繰り出し、食事を楽しんだという女性(81)は「駅前のバス停に行くのにも苦労しました。大声で何を言っているか聞き取れません。ただ怖いだけです」と顔をしかめていた。

 主催団体は午後3時にデモ行進を始め、駅前から周辺の車道を約800メートル練り歩いた。反対派も「君たちは存在自体がヘイトスピーチです」などと罵声を浴びせ、後をついてまわった。

 今月5日、川崎市中原区で計画された同様のデモでは、神奈川県警が主催者側を説得し、中止になった。

 このとき川崎市は、ヘイトスピーチ解消法の成立を受け、男性側に川崎区の公園2カ所の使用不許可とした。横浜地裁川崎支部も2日、「人格権の侵害で集会や表現の自由の範囲外」として一定範囲のデモ禁止を命じる仮処分を決定。

このニュースの写真

  • 在特会系の反韓デモと反対派が一触即発 白昼の福岡・天神で 記者もとばっちり
  • 在特会系の反韓デモと反対派が一触即発 白昼の福岡・天神で 記者もとばっちり
  • 在特会系の反韓デモと反対派が一触即発 白昼の福岡・天神で 記者もとばっちり
  • 在特会系の反韓デモと反対派が一触即発 白昼の福岡・天神で 記者もとばっちり
  • 在特会系の反韓デモと反対派が一触即発 白昼の福岡・天神で 記者もとばっちり
  • 在特会系の反韓デモと反対派が一触即発 白昼の福岡・天神で 記者もとばっちり

「ニュース」のランキング