産経ニュース

【スポーツ異聞】ついに国際水泳連盟が韓国に最後通牒を突きつけた! 世界水泳の開催権を剥奪か? 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
ついに国際水泳連盟が韓国に最後通牒を突きつけた! 世界水泳の開催権を剥奪か? 

2015年のロシア・カザンでの世界水泳は盛り上がったが、19年の韓国・光州は開催が危ぶまれている(森田達也撮影) 2015年のロシア・カザンでの世界水泳は盛り上がったが、19年の韓国・光州は開催が危ぶまれている(森田達也撮影)

 韓国・光州市で2019年7~8月に開催予定の世界水泳大会が、国際水泳連盟(FINA)から準備不十分なら開催を取り消すと「最後通牒」を突き付けられた。世界水泳をめぐっては昨年11月、光州市が招致の際、政府の財政支援に関する書類を偽造してFINAに提出したことで政府支援が得られなくなり、大会を返上する可能性があると報じられた。これが現実味を帯びただけのように思えるが、韓国メディアは事務総長の空席が「FINAの圧力」になったと報じる。開催権を剥奪されれば、光州市は違約金など計300億ウォン(約27億7600万円)を支払わなければならない。経済的損失だけでなく国際的な信用失墜も必至で、韓国ネットユーザーは「世界に恥をさらす」と呆れるばかりだ。

 中央日報などによると、FINAは世界水泳への「政府の支援などが不十分な場合、大会開催を取り消すことができる」と通告してきた。5月24日に電子メール書信が文化体育観光部長官と次官宛てに送られた。FINA側は、予算確保▽マーケティング・広報計画の樹立▽競技施設の確定▽能力と経験を備えた組織委員会の事務総長の人選-を求めている。

続きを読む

このニュースの写真

  • ついに国際水泳連盟が韓国に最後通牒を突きつけた! 世界水泳の開催権を剥奪か? 

「ニュース」のランキング