産経ニュース

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(46)その生涯編・ドイツ再留学

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】
独立不羈の男・河合栄治郎(46)その生涯編・ドイツ再留学

前のニュース

(毎週土曜日に掲載します)

「前門の虎」を退治する

 河合栄治郎は、マルキシズムという「前門の虎」と対峙(たいじ)していたが、ファシズムという「後門の狼(おおかみ)」が近づく足音に無頓着だった。ファシズムの台頭があっても、思想的な根拠も価値も薄弱であるとし、彼の鋭利な論法をもってすれば簡単に撃破できるとの考えであった。

 だがファシズムは、マルキシズムのような強固な思想体系がなくとも、圧倒的な破壊力をもっていた。親友の政治学者、蝋山政道(ろうやままさみち)は、思想に特化しがちな栄治郎の時代認識に不安を覚えていた。栄治郎が強敵マルクスを研究するためドイツに再留学する直前、2人は東京・日比谷の松本楼で会食をした。

 彼は栄治郎と日比谷公園内を歩きながら、日本ファシズムの行く末について自らの考えを話した。蝋山はこれまでの10年、満州問題の調査に当たってきて、栄治郎の満州観とは違った。上州の田舎育ちの蝋山は、江戸っ子の栄治郎に日本の農村状況や農民の心理から説き、満州事変を契機とする軍部台頭の容易ならざるを語った。

 「このファシズムの傾向は二十年続きますよ。日本国内にはこれを打倒する力は存在しない。それは行くところまで行かないと止まりません」

続きを読む

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎のニュース

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎の写真

  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(61)その生涯編・攻撃
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(60)その生涯編 戦火拡大
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(58)その生涯編・人民戦線事件
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(56)その生涯編・赤門人民戦線
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(52)その生涯編・孤高の戦い
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(51)その生涯編・不動の思想
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(48)その生涯編・1年ぶりの祖国
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(47)その生涯編・ソ連とドイツ
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(45)その生涯編・講演旅行
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(44)その生涯編・講演依頼
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(43)その生涯編・論争後
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(42)その生涯編・一騎打ち

「ニュース」のランキング