産経ニュース

【舛添氏追及・都議会一般質問(9)】「政治家だったら出処進退でしょう!」 叫ぶ若手議員に舛添氏「一歩一歩、信頼回復を」と淡々答弁

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【舛添氏追及・都議会一般質問(9)】
「政治家だったら出処進退でしょう!」 叫ぶ若手議員に舛添氏「一歩一歩、信頼回復を」と淡々答弁

質問を受ける舛添要一東京都知事=8日午後、東京都新宿区(山崎冬紘撮影) 質問を受ける舛添要一東京都知事=8日午後、東京都新宿区(山崎冬紘撮影)

 舛添氏「都政は都民の信頼や議会での真摯(しんし)な議論を土台に発展していくものです。都民や議会の皆さまに私の言葉が届かなくなってしまった現状には心からおわび申し上げます。一連の問題には調査結果を踏まえてしっかりと対応していきます。私の姿勢について覚悟が感じられないという厳しい指摘をいただきました。世界一の都市を目指すため、今一度生まれ変わった気持ちで一歩一歩、信頼回復を進め、都議会の皆さんと車の両輪となり、再び走り出すことができるようにしたいと思います」

 舛添氏「私の発言が多摩にお住まいの多くの皆さまに失望と憤りの念を生じさせてしまったことには心からおわびします。今回の事態を契機に心を入れ替え、都知事の言葉の重みをしっかりと受け止め、自らの言動を厳しく律していきたいと思います。私は就任以来、東京を世界一にするためには多摩地域の振興が第一という考えでしっかりと取り組んできました。この思いは今も変わりません。多摩地域を夢と希望にあふれた地域にすべく全力で取り組んでいきたいと思います」

 《おわびの言葉と同時に何度も頭を下げた舛添氏だったが、議席から「そういうことじゃないよ」など多くのヤジが飛んだ》

 =(10)へ続く

「ニュース」のランキング