産経ニュース

ウエディングドレスはなぜ白なのか?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


ウエディングドレスはなぜ白なのか?

 挙式予定の花嫁にとって、結婚式の準備は大変なものだ。特に新婦にとってのドレス選びは選択と迷いの連続。そのドレスであるが、白無垢も含め、色は総じて「白」である。だが、なぜウエディングドレスをはじめとする花嫁衣装には「白」が多いのだろうか? 白が「花嫁の色」として選ばれた理由、そして最近の花嫁衣裳事情について、ウエディングプランナーの岡村奈奈さんに話を聞いた。

始まりはロイヤルウエディング

 まずは白いウエディングドレスの由来から。

 「諸説ありますが、1840年イギリスのヴィクトリア女王が結婚式で白いドレスを着たことがきっかけで広まったとされています。自国の産業であるホニトンレースをドレス生地として採用したり、王冠ではなくオレンジの(木に咲く白い)花を髪に飾ったことなどがセンセーショナルに語り継がれ、大衆の憧れの的となったといわれています」(岡村さん)

 王室のロイヤルウエディングが流行の元となる現象は、今も昔も変わらないようだ。かつてイギリスから始まった白いウエディングドレスの流れは、明治時代以降に日本へ入ってきた。

 「その時にはすでにイギリスの白いウエディングドレスが知られていましたから、白があえて他の色と比べられた結果、選ばれたわけではないのです。特別な装いであることやその美しさが日本人に受け入れられたのだと思います」(岡村さん)

「ニュース」のランキング