産経ニュース

【満州文化物語(24)】1932年ロス五輪参加に邁進を 「スポーツ王国」満州の実力と結果は…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【満州文化物語(24)】
1932年ロス五輪参加に邁進を 「スポーツ王国」満州の実力と結果は…

満州の小学校校庭に作られた「即席」リンク 満州の小学校校庭に作られた「即席」リンク

前のニュース

 満洲教育専門学校(教専)附属小(奉天)の国語教師として英才教育や実験教育を実施した宮武城吉(しろきち=1905~99年)。多くの本を読めば他教科の成績も上がる、書く能力や創造力、発想力も培われるというのが持論だった。

 宮武学級は当時、日本でトップレベルと言われた東京高等師範学校(現・筑波大)附属小と級対抗テストをやって勝っている。東京何するものぞ、の気概にあふれていたに違いない。宮武学級は小学校入学時の「かな習得率」でも東京の学校をはるかに上回っていた。

 長男の光吉(こうきち、78)によれば、小学校は現在、中国の「育才学校」になっている。教専附属小と後身の奉天千代田小OBとのつながりは今もあり、「英才教育」の伝統を引き継いで、日本の大学へも多くの留学生を送り出しているという。

中山晋平作曲の体操曲

 さて、宮武が学んだ教専を創設した満鉄学務課長、保々隆矣(ほぼ・たかし=1883~1960年)が振興を図ったもののひとつにスポーツがあった。

 大正9(1920)年、内務官僚から満鉄に転じた保々は「世界の教育」を視察するため、2年近くも欧米に出張する。保々はその地で、教員養成教育のレベルの高さ、濃さもさることながら心身の鍛錬やチームプレー精神を養うため、積極的にスポーツを取り入れている姿をつぶさに見た。

 その結果、教専では、ラグビー、サッカー、ボクシング、陸上、デンマーク体操…多彩な種目のスポーツが行われる。そこを出た教師がまた、学校で子供たちに教える。保々は、各地にプールをつくり、冬にはスケート(スピード、フィギュア)を推奨した。

 リンクを設ける予算をつけ、学童のスケート大会も開催している。もっとも真冬には氷点下10度、20度にもなる満州では、特別なリンクなどなくとも校庭に水をまいておけば翌朝には即席のスケートリンクが出来上がっている。満州っ子はスケート靴を首にぶら下げたり、ランドセルに突っ込んで学校に通った。

続きを読む

満州文化物語のニュース

このニュースの写真

  • 【満州文化物語(20)】李香蘭主演映画の舞台ハルビン- 欧州とアジア、ユダヤの計7民族が混在 軍人、芸術家、スパイが交錯して…

関連トピックス

「ニュース」のランキング