産経ニュース

【スポーツ異聞】伝説の猪木VSアリ戦に決着はない 40年の節目に「世界格闘技の日」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
伝説の猪木VSアリ戦に決着はない 40年の節目に「世界格闘技の日」

1976年6月26日、プロボクシングの世界ヘビー級王者ムハマド・アリ(左)とプロレスのアントニオ猪木が対戦した格闘技世界一決定戦=日本武道館 1976年6月26日、プロボクシングの世界ヘビー級王者ムハマド・アリ(左)とプロレスのアントニオ猪木が対戦した格闘技世界一決定戦=日本武道館

 往年の格闘技ファンの多くが記憶する6月26日が「世界格闘技の日」として制定された。それは、アントニオ猪木とボクシングヘビー級王者ムハマド・アリ(米国)による40年前の「格闘技世界一決定戦」に由来する。今でこそ、総合格闘技の歴史的な一戦として評価されているが、当時は「世紀の茶番」と誹謗中傷が鳴りやまなかった。痛恨の引き分けにもかかわらず、莫大なギャラを手にしたアリ陣営は多くを語らず、栄光のボクシング人生の「汚点」のようにしか扱ってこなかった。「ミステリアス」な異種格闘技戦の真相は今も謎のままだ。

両陣営の見解の不一致

 格闘技史上、最もメモリアルな日が40年という歳月をへて再び脚光を浴びることになった。格闘技ファンやプロレス関係者はさぞ、喜んでいることだろう。

 1976年6月26日、日本武道館。猪木-アリの異種格闘技戦は40%近い視聴率を獲得し、国民的関心事になった。ところが両陣営のスタンスに大きな隔たりがあり、試合そのものが中止になる可能性もあった。真剣勝負として試合に臨んだ猪木に対して、アリは「エキシビション」として来日。ルールをめぐってゴング寸前までもめ、猪木側は「プロレス技が制限された」と主張した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 伝説の猪木VSアリ戦に決着はない 40年の節目に「世界格闘技の日」
  • 伝説の猪木VSアリ戦に決着はない 40年の節目に「世界格闘技の日」

「ニュース」のランキング