産経ニュース

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(44)その生涯編・講演依頼

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】
独立不羈の男・河合栄治郎(44)その生涯編・講演依頼

時を経た東京大学の本郷キャンパス 時を経た東京大学の本郷キャンパス

前のニュース

(毎週土曜日に掲載します) 

 マルキシズムとは何か

 河合栄治郎は伯爵、陸奥広吉が主宰する経済人の集まり「雨潤会」の求めに応じ、「マルキシズムとは何か」を3回にわたって講演した。

 彼はマルクス主義の欠陥を指摘し、それに代わる自由主義思想の重要性を指摘した。この講演録をベースに昭和7年12月、『マルキシズムとは何か』がタイムズ社から出版された。

 昭和6年当時の政府や経済界は、大学生の間で浸透するマルクス主義に頭を悩ませていた。栄治郎はそのマルクス主義理論を読み込んだうえで社会思想を縦横に語り、理論的に批判できる数少ない学者であった。

 彼の著書は、世間の高い評価を受け、講演依頼が多くなっていく。海軍大学の教頭がこの本を読んで激賞し、栄治郎に講演を依頼したことがきっかけになった。この海軍大学をはじめ、陸軍、司法省、検察庁に出向いて講演をした。彼らが、いかにマルクス主義の浸透を警戒し、侮りがたい思想であると考えていたかが分かる。

 聴講者の中には思想係の検察官らがいた。彼らは大学、メディアで影響力を持つ左翼言論人の取り締まりを職務としており、栄治郎のマルクス主義批判を聞いて理論武装をしていた。ところが3年後には、その検事たちが河合教授を起訴することになるとは、皮肉なめぐりあわせであった。

続きを読む

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎のニュース

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎の写真

  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(61)その生涯編・攻撃
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(60)その生涯編 戦火拡大
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(58)その生涯編・人民戦線事件
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(56)その生涯編・赤門人民戦線
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(52)その生涯編・孤高の戦い
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(51)その生涯編・不動の思想
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(48)その生涯編・1年ぶりの祖国
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(47)その生涯編・ソ連とドイツ
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(45)その生涯編・講演旅行
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(44)その生涯編・講演依頼
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(43)その生涯編・論争後
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(42)その生涯編・一騎打ち

「ニュース」のランキング