PR

ニュース プレミアム

【TVクリップ】芦田愛菜11歳は台本2ページ続く台詞をどうやって覚えるのか?

Messenger

 私生活でも読書好きで、中でも英作家、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」を「ミステリー史上、最高峰だと思います」と評する。「最近は(米作家の)エラリー・クイーンの『Xの悲劇』を読んでいます。帰ったら速攻で読みたいです」と、目を輝かせる。

 既に数々の賞を受賞し、演技力は折り紙付きだが、「『今のお芝居で大丈夫かな?』とはいつも思っています。撮影が終わった後も反省したり…」と、あくまで謙虚。プロ意識の高さに圧倒された。(三品貴志)

       ◇

 〈あしだ・まな〉平成16年生まれ。兵庫県出身。3歳から子役として活動し、22年のドラマ「Mother」で注目を集める。23年の「マルモのおきて」では、担当した主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」もヒット。25年には米映画「パシフィック・リム」でハリウッドデビューを果たしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ