産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】面接で必ず聞かれる「学生時代頑張ったこと」は今からでも作れる

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
面接で必ず聞かれる「学生時代頑張ったこと」は今からでも作れる

大阪・心斎橋で開かれたスポーツ業界就活イベント 大阪・心斎橋で開かれたスポーツ業界就活イベント

 就職活動の面接やエントリーシートで必ず問われるのが「学生時代頑張ったこと」です。現在就職活動を意識し、動き始めた2018卒の学生に「学生時代頑張ったことは何ですか」と聞くと、その質問に答えることができる学生が意外に多く、大学生活を2年間以上過ごした中で何かに力を注いだ経験があることがうかがえます。そして、それを履歴書で書けるように文章にしたり面接で言えるように練習したりしています。

 もちろん、それを行うのは大変重要なことですし、就職活動においては最低限用意しなければならない内容です。

 しかし、実際の面接の中では「エントリーシートに書いていること以外で、学生時代頑張ったことを教えてください」「学生時代頑張ったことを3つ挙げてください」と質問されることが多々あります。企業側からすると複数の頑張ったことを聞くことで学生自身の人柄を見たいのだと考えます。

 ところがこの質問をすると全く答えられない、または頑張っていないことであるにも関わらず必死でエピソードを作り、話す学生が出てきます。もちろん、本番の面接でそのような回答をしてしまうと良い結果を得ることはできません。

「ニュース」のランキング