産経ニュース

【話題の肝】「ロスジェネ世代」と「ゆとり世代」の間は…「名前のない世代」と呼ばれる彼らの葛藤を追った

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【話題の肝】
「ロスジェネ世代」と「ゆとり世代」の間は…「名前のない世代」と呼ばれる彼らの葛藤を追った

 いつの時代も「世代論」は人々の話題になる。団塊、新人類、ロスジェネ、ゆとり…。だが、1980年代前半に生まれた世代、現在30代前半の世代に、社会は名前を与えなかった。30代に入り、社会の中枢を担い始めた彼らの生きてきた時代を見つめた書籍が刊行された。彼らを形づくってきたものは何なのか。なぜ名前が付かなかったのか。同世代の著者に聞いた。(戸谷真美)

 時代とともに語られた犯罪者たち

 1997(平成9)年、14歳で神戸連続児童殺傷事件を起こした「少年A」。2000年、愛知県で見ず知らずの主婦を数十カ所刺して殺害し、「人を殺してみたかった」と話した少年。08年、歩行者天国でにぎわう東京・秋葉原にトラックで突っ込み、7人を殺害した男。12年に他人のパソコンに不正にアクセスし、ネット上で各種の犯罪予告を行ったPC遠隔操作事件を起こした男…。

 彼らはみな、1982(昭和57)年に生まれた。現在33~34歳。10代の後半に起こした犯罪によって当時「キレる17歳」と呼ばれたが、十数年たった現在はもちろん17歳ではなくなっている。だがその後、彼らの世代に名前が付くことはなかった。

 「彼らが起こした犯罪は、個人の問題というより、時代や世代の問題として語られた。それなら生きてきた時代を浮き上がらせてゆけば、僕らの世代に共通する『何か』を映し出せるのではないかと思ったんです」。83年生まれのジャーナリスト、佐藤喬(たかし)さんはこう話す。彼らを、自らの世代を形づくっているものは何なのか。4月に刊行した著書『1982 名前のない世代』(宝島社)はそれを分析した1冊だ。

このニュースの写真

  • 「ロスジェネ世代」と「ゆとり世代」の間は…「名前のない世代」と呼ばれる彼らの葛藤を追った
  • 「ロスジェネ世代」と「ゆとり世代」の間は…「名前のない世代」と呼ばれる彼らの葛藤を追った

「ニュース」のランキング