産経ニュース

【ソウルから倭人の眼】オバマ米大統領の広島訪問にしつこく難癖をつける韓国メディアの思考回路を分析してみた…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから倭人の眼】
オバマ米大統領の広島訪問にしつこく難癖をつける韓国メディアの思考回路を分析してみた…

 27日に迫ったオバマ米大統領の広島訪問を韓国が非常に気にしている。特にメディアの関心は相変わらず強く、韓国にとっての“あるべきオバマ広島訪問”を勝手に描いている。日米に口を挟み続ける韓国メディア。現職の米大統領の広島初訪問を目前に、日米と広島を見つめる心中は、やはり穏やかではないようだ。(ソウル 名村隆寛)

広島を韓国への謝罪の場に?!

 ケリー米国務長官の広島訪問以降の1カ月半、韓国メディアが繰り返してきたオバマ大統領の広島訪問に対する主張の要旨を列挙してみる。

・原爆投下を招いた原因は侵略戦争を起こした日本にある。日本は原爆の被害者である以前に加害者だ。

・安倍政権は、オバマ広島訪問を戦争責任の希薄化に利用しようとしている。

・「戦犯国」である日本に広島を前面に出すことで“被害者面”をさせてはいけない。

・安倍晋三首相は、米国の現職大統領の広島訪問を初めて実現させたという業績を残す。日本は日本外交の勝利と考えている。

・オバマ大統領は広島で日本の戦争責任を指摘し、悲劇の原因を作った加害者と、真の被害者(韓国や中国)を明らかにすべきだ。

・オバマ大統領は韓国人の原爆犠牲者を慰霊すべきだ。

・日本は過去の過ちを心から反省し謝罪していない。このため、戦後の完全な清算は難しいということを日米両首脳は理解しなければならない。

・日本から被害を受けた国(韓国など)が納得できる内容にしてこそ、広島訪問の成果が現れる。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング