産経ニュース

【舛添知事定例会見録(6)】「その店員の方が、24時間わたしの後をついて歩かれたのか」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録(6)】
「その店員の方が、24時間わたしの後をついて歩かれたのか」

舛添要一東京都知事 舛添要一東京都知事

 --例えば、短時間の会議でも政治活動に当たる。場合によっては、電話で参加することも?

 「いや、電話は、そういう意味で申し上げたのではなくて、要するに、電話で話すこともあるから10時間、そこで缶詰でやらないといけませんよ、ということで引用しただけで、誤解を招いたら、それはもうお忘れください」

 --極端な言い方をすると、「本当はただプライベートで家族だけで過ごして会議なんてやってないんじゃないの?」という疑いがかなり持たれてたと思う。人数すら答えられないという話になると、すごく不透明なにおいが残ってしまう。

 「ご疑問は分かります。しかし、政治の場ですから、非常に機微にわたるので、私はそこは控えさせていただきたいと思います」

 --せめて参加者でどういった方が出席したのか。スタッフの内部の方か、それとも外部の方が来られたのか

 「先ほど言った通り、事務者関係者などと言ったのですが、そこが一番機微に当たるので、これは本当に申し上げられません」

 --事務所関係者等というと、100人も200人もいるわけではなくて、数十名単位というグループ。

 「数十名入る部屋じゃありませんから」

 --では、5、6人から10名くらい。

 「それは、想像にお任せいたします」

 --この会見で説明責任を果たしたというふうにおっしゃっているが、説明責任が果たされているかどうかのジャッジメントは、本来誰がすべきだと思うか。

 「それは有権者です。東京都民だと思います」

 --もし、東京都民がこの会見を受けて、これで説明責任が果たされていないという声が大きくなった場合は

 「どういうふうにその声をはかるのか。1350万人全員の声を聞いて、何百万対何百万という数字を出すのかということですから。色々なご批判は謙虚にお受けしますけども、私は真摯にお答えしたつもりなので、あとは有権者の皆様方、都民のご判断にお任せしたいと思います」

(1)「ホテルの宿泊した部屋で会議を…」家族同伴を認めるに戻る

「ニュース」のランキング