産経ニュース

【舛添知事定例会見録(6)】「その店員の方が、24時間わたしの後をついて歩かれたのか」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録(6)】
「その店員の方が、24時間わたしの後をついて歩かれたのか」

舛添要一東京都知事 舛添要一東京都知事

 「無駄な経費を下げないといけないですけれど、仕事が阻害されるほどカットするというのは、これはこれで問題でして。そういうことも含めましてしっかりと検討している最中なので」

 --今までの出張費が浪費・贅沢だったという認識はあるか。都民は怒っていると思う

 「例えばガイドがいらなかったのではないかとかですね。私ずっと申し上げているのですけど、反省しないといけないのは、自分でそういうことをチェックしなくて、このホテルに泊まる、このホテルがいい、とか言ったことはない。ただ、ガイドさんついているなぐらいの気持ちだったけれど、パリはガイド要らないはずだというのをちゃんと自分でやっていきたいと思っていますので、今後、しっかりとさらに努力をしたいと思っております」

 --2013年の収支報告書の中でホームセンターで、いろいろ買い物をしている。店の方が、ねじとか釘とか猫の餌とかガーデニングの用品を買っていたという証言があったが報告書に載せてない。

 「プライベートのものですから。ただ、先ほど言ったようにホームセンターは非常に便利で文房具とか色々な政治団体として使うものがありますから、そこはちゃんと分けております」

 --(店の方が)基本的にそういうのしか買ってなかったということをおっしゃっていた。

 「それは、その店員の方が、24時間私の後を付いて歩かれたのでしょうか。そこまでおっしゃると店員さんが可哀そうじゃないですか、ある意味で。ですから、そこは理解していただければと思います」

 --プール金についてお伺いしたい。これは研究会などから20万円か30万円をプールしているお金を持ってて、そこから払って領収書を分けるみたいな。

 「いやいや、違います。何度も申し上げているように、1回1回、私が何百円ということでやるのではなくて、私のお金を例えば30万円というふうにしといて。私が会計やりませんから、経理で。自分のお金もということです。そのプールというのは、そういう意味です」

 --ホテルでの会議の人数を明かすことが微妙な話なのか。ちょっと理解できない。

 「これは、何名いてどうというのは私は控えたいと思います」

「ニュース」のランキング