産経ニュース

【舛添知事定例会見録(5)】「ケチだといつも言われる。領収書は必ずもらう習性がある」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録(5)】
「ケチだといつも言われる。領収書は必ずもらう習性がある」

舛添要一東京都知事の記者会見 舛添要一東京都知事の記者会見

 --それだけ大事だと思いつつも、まとめて、バサッと渡してしまう?

 「そのときの生活パターンとか、なかなか事務所が開いている時間にいないということもあるので、まさにケース・バイ・ケースで。大事なのは分かっているのですけれども、実質的に、なかなかできないということもあるわけです」

 --報告書の中に、2012年8月13日に日光市のホテルに宿泊しいるとの記載があるが、そこで8万3900円ぐらい使っている。(今回と同様に)家族と行って、そこで政治関係の方と会議をしたとか、そういった支出になるのか。

 「初めて今聞きますので、これは精査してみないと分かりませんので、調べさせていただけますでしょうか」

 --先ほどの話だと、知事選に出る直前とか、選挙の後の総括という意味で家族と行ったのか。

 「いや、ちょっと、だから、今ここで分かりません」

 --そういった大事なときであれば記憶にあるのではないか。

 「8月何日ですって」

 --8月13日。お盆だ。

 「いま申し上げたように、ちょっと調べさせていただけますか。今日は、『週刊文春』に挙げられた疑惑を、今とにかく一つひとつ答えるということなので」

 --思い出してみて、記憶に思い当たるところはないか。

 「いや、今は不正確なことは申し上げたくないので、正確に調べてなので、ちょっと調べさせてください」

 --飲食店で食事をしたときに、政治活動に利用したことまでは確認できないものがあったので返金するという話だったが、要するに、家族や友人などで、全く政治の活動と関係ない方と食べたり、全く私的に使ったものが入っていたということでいいのか。

 「先ほど言ったのは、例えば、事務所関係者がすし屋さんに来たとかあります。そういうのは大体、みんなで書類を見たり、報告書を見たり、状況をヒアリングしたりしたときに出てくる可能性があるわけです。出てくれば、あのときはああいう政治活動だったなというのができますけども、それが分からない。どうだったかというよりも、誰もないということは、本当のことがわかりませんから、訂正、削除して、返金をします。そういうことです」

 --逆に言うと、訂正、削除しないものに関しては、そこで打ち合わせなり何なりしたという記録が何かで残っているのか。

 「残っているというよりも、みんな覚えていたりする。何人と何回会合したというのは、相手があることですから申し上げない」

「ニュース」のランキング