産経ニュース

【舛添知事定例会見録(5)】「ケチだといつも言われる。領収書は必ずもらう習性がある」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録(5)】
「ケチだといつも言われる。領収書は必ずもらう習性がある」

舛添要一東京都知事の記者会見 舛添要一東京都知事の記者会見

 --ホテルの件、当初は家族だけで行くことを決めていたとのことだが、いつごろ正月の予定と決めたのか?

 「今記憶にありません。分かりません。いつだったかというのは」

 --2年連続、政治活動に使うのではなくて家族旅行で行く予定だったということか。

 「基本は。2年連続というか、1年目はそう(家族旅行目的)で、2年目も使ったということです」

 --どの段階で選挙対策や敗戦処理など政治活動に使う予定に変わったのか。

 「予約はもうしてあるわけです。しかし、急に知事選の立候補のことだとか、やらないと間に合わない日はそこまでになっていてから、部屋を使ったということなのです。日程調整で、その日程しかなかった」

 --当初から家族の予定で入っていて、さらに家族がきっちり泊まっているのだから、単純にプライベートの金として処理すればいいかと庶民感覚では思う。家族との時間も大事だと思うが、当初から家族旅行で予定していたものを、なぜ急に政治活動をしたら、税金や政治資金を使わなければいけないのか。ファーストクラスの問題も、スイートルームの問題もそうだが、非常に他人のカネに謙虚ではないと思うのだが、なぜか。

 「真摯に反省して、まさに私の不徳の致すところと申し上げたように、政治家というものの資質に関することだと思いますから、そういう質問をされないように、今後しっかり改めていきたいと思っています」

 --「ホテルの宿泊代は政治活動だからという認識を持っていた」「それで自分で領収書をもらった」という話だが、なぜ今まですぐに説明しなかったのか。

 「やはり、一つひとつ書類とかが残っている。私でも皆さんでも、1年前でも記憶がなくなる、薄くなったり、完全に思い違いしていたりしたことはある。ヒアリングをして確認する必要がありました。やれるだけの調査をして、この会見に間に合うようにやった上での話なのです。断片的にすぐ出たからということよりも、正確を期して申し上げたいということでありましたので、この段階になったということです」

 --書籍(自著)購入の印税の処理はどのようになっているのか。

 「印税は、しかるべく処理をしております」

「ニュース」のランキング