産経ニュース

【経済インサイド】消費税の次は砂糖税か!? 欧米諸国が続々導入 日本政府でもいよいよ議論の俎上に上がったが…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
消費税の次は砂糖税か!? 欧米諸国が続々導入 日本政府でもいよいよ議論の俎上に上がったが…

 日本ではなじみのない砂糖税。だが、海外では「ソーダ」と呼ばれる砂糖入り炭酸飲料を主な対象にしていることから「ソーダ税」と呼ばれ、肥満が深刻な社会問題となっている一部の国で導入されている。

 例えば、フランスでは11年に砂糖入り飲料1缶に対し0・01ユーロ(約1円)のソーダ税が導入された。メキシコでは14年に砂糖入り飲料1リットルに対し1ペソ(約6円)、米国ではカリフォルニア州のバークレー市で15年から砂糖入り飲料1オンスあたり1セント(約1円)と続く。

 砂糖に対する課税としてはほかにも、ハンガリーで11年に入った「ポテトチップス税」がある。スナック菓子やクッキー、炭酸飲料、栄養ドリンクなどの塩分や糖分が多い飲食料品を対象に5~20%の税金が課されるという。

 ほかにも砂糖税ではないが、デンマークは11年に飽和脂肪酸が2.3%以上含まれる乳製品や肉類、加工食品などに1キロあたり16クローネ(約220円)課税する「脂肪税」が導入されるなど、世界には日本で考えられないような税金がある。

日本でも有識者会議が砂糖税を提言

「ニュース」のランキング