産経ニュース

【リオ五輪異聞】出場渋るプロゴルファーにニンジン作戦 やっぱり「金」より「カネ」なのか… 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【リオ五輪異聞】
出場渋るプロゴルファーにニンジン作戦 やっぱり「金」より「カネ」なのか… 

2016年のマスターズ・トーナメントで、練習ラウンド後にファンにサインするアダム・スコット。人気者の五輪不参加はゴルフの今後に影響にしないか(AP) 2016年のマスターズ・トーナメントで、練習ラウンド後にファンにサインするアダム・スコット。人気者の五輪不参加はゴルフの今後に影響にしないか(AP)

 今年8月に開催されるリオデジャネイロ五輪で112年ぶりに復活するゴルフ。男女各60人が出場するが、トッププロが五輪出場を渋っている。国際オリンピック委員会は「ベストプレーヤーが出場する」ことを条件に五輪復帰させているだけに深刻な問題だ。そこで、主要団体は金メダル獲得者には2017年のメジャー大会の出場権を与える方針を表明し、あからさまな“ニンジン作戦”に出た。でも、出場選手は世界ランキング上位者の実力者ばかり。優勝者も当然、メジャー大会の常連になるはず。意味ある方針なのか。ゴルフ先進国のゴルフ人口は漸減し続け、危機感を抱く主要団体が五輪を起爆剤に期待している。「名誉」か「金」か。生活の掛かる選手当事者には簡単な選択ではない。

 AFP通信によると、4月20日、2013年マスターズ・トーナメント覇者アダム・スコット(豪州)がリオ五輪への不参加を正式に表明した。マネジメント会社を通じ「五輪の前後は大会スケジュールのほかに、公私にわたる他の仕事が多忙を極めているため、このような決断を下した」と理由を説明している。スコットに続くように、南アフリカのシャール・シュワーツェルとルイ・ウエストハウゼンも不参加を表明した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 出場渋るプロゴルファーにニンジン作戦 やっぱり「金」より「カネ」なのか… 
  • 出場渋るプロゴルファーにニンジン作戦 やっぱり「金」より「カネ」なのか… 
  • 出場渋るプロゴルファーにニンジン作戦 やっぱり「金」より「カネ」なのか… 

関連トピックス

「ニュース」のランキング