産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】企業はサークルやアルバイトでリーダーをやったことよりも、学業をみている

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
企業はサークルやアルバイトでリーダーをやったことよりも、学業をみている

福岡ヤフオクドームで開かれた合同企業説明会 福岡ヤフオクドームで開かれた合同企業説明会

 「サークルでリーダーをやろう」「アルバイトで上の役職に就こう」「海外経験を積むために留学に行こう」と、就職活動でアピールすることを1つでも多くするためにこのような取り組みを行う学生が多くなっている。集団の中での経験や自ら挑戦した経験は就職活動を抜きにして非常にいい経験であるし、今後の人生の糧になるだろう。ただ、注意していただきたいのは、企業の方はこのような課外活動だけを見ているのではない、ということである。

                 ◇

 課外活動以外に見られるものとして「長所や短所」「価値観」などが挙げられる。これは就活生の特徴を判断するために用いられるもので、どの企業に行っても聞かれることになる。しかしその中でも重要度が高い質問が「学業」のことだ。就活生はこの点については無意識に避けている気がしてならない。内定塾で就活生を指導している中でも、学業のことを積極的に話さない方が一定数存在する。なぜ話さないのか深く聞いていくと「話せないから話さない」という回答が圧倒的に多いのだ。それはどういうことなのか。大学生・大学院生である以上、学業に力を入れていると思う方も多いと思うが、最近の学生が学業の時間を削減して課外活動に力を入れるケースがある。そのほうが、就職活動を行う際に語れる内容が多くなるとだと思っているからだ(もちろん、学業も課外活動にも力を入れている方も存在する)。また、大学受験時に希望している大学・学部・学科でなかったために、学習目的を失い、何となく大学で勉強しているという実態もある。これらが原因となり、就活生は学業の内容を敬遠しがちになる。

「ニュース」のランキング