産経ニュース

【日本一お金持ちの村】中2生全員に米国旅行プレゼント 100歳の祝い金は100万円 独居老人には毎日乳酸菌飲料… 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本一お金持ちの村】
中2生全員に米国旅行プレゼント 100歳の祝い金は100万円 独居老人には毎日乳酸菌飲料… 

公開されたH2Aロケット30号機の中心部分=2015年12月、愛知県飛島村(村本聡撮影 公開されたH2Aロケット30号機の中心部分=2015年12月、愛知県飛島村(村本聡撮影

 他の市町村では考えられないような住民サービスを実現している。毎年、お年寄りに長寿奉祝金を配布している。金額は90歳=20万円▽95歳=50万円▽100歳=100万円-だ。また、お年寄りの安否確認を目的に、独居老人に乳酸菌飲料を配布している。

 高齢者だけでなく、未来を担う子供たちにもサービスは手厚い。文化交流を目的に、中学2年生全員を米カリフォルニア州に派遣している。7日間の日程で、姉妹都市のリオビスタ市を訪れる。旅費と宿泊費は村が負担している。

 温水プールやトレーニングジム、図書館を備えた豪華な複合施設もあり、スポーツや生涯学習を楽しめる。

 ただ、全体が平らで、低湿地地帯となっているため、村の歴史は東海地方の災害の歴史と重なる。特に昭和34年の伊勢湾台風では村の130人以上が犠牲になった。水は3カ月も引かなかった。今も風水害や津波への対策は村の最重要課題の一つだ。

 村の南部は工業地帯だが、北部は農業地帯。そもそも村の大部分が干拓地で、宅地を広げる余地がないのだ。人口は約4500人で、ここ十数年増減はほとんどない。井田晴己村議は「人口が増えないと活力につながらない。多くの人が感じている不満です」と話している。(櫛田寿宏)

このニュースの写真

  • 中2生全員に米国旅行プレゼント 100歳の祝い金は100万円 独居老人には毎日乳酸菌飲料… 

「ニュース」のランキング