産経ニュース

【ベンチャーの挑戦】犬と人の「絆」つくる犬専用ウエアラブル登場 心拍変動で色が変化…その名も「イヌパシー」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ベンチャーの挑戦】
犬と人の「絆」つくる犬専用ウエアラブル登場 心拍変動で色が変化…その名も「イヌパシー」

首の下に取り付けた「イヌパシー」のLEDライトが青色に光る。山口さんは「犬の気持ちが分かる」と説明する=東京・秋葉原(柳原一哉撮影) 首の下に取り付けた「イヌパシー」のLEDライトが青色に光る。山口さんは「犬の気持ちが分かる」と説明する=東京・秋葉原(柳原一哉撮影)

 犬の心拍数の変動を把握し、その気持ちの状態に応じた色に変化するウエアラブルデバイス(装着型機器)を、東京のITベンチャーが開発した。「INUPATHY(イヌパシー)」と名付けられ、例えば虹色に輝くと「うれしい」状態だ。現在クラウンドファンディングで資金調達に乗り出し、犬と人の絆(きずな)を深めるとして注目されている。

心拍変動が「気持ち」を映す

 開発したベンチャー社長の山口譲二さんによると、イヌパシーは、愛犬の胴体に装着したセンサーが心拍の変動を取得。鼓動の早い遅いに加えリズムのわずかな変化も逃さずにとらえる。

 山口さんは、その心拍変動と犬の気持ちがどのように密接に連関しているかさまざまなパターンを研究。変動の特徴から「喜び」「興奮」「ストレス」「集中」などを知ることができるようにした。

 具体的には、心拍変動によって犬の背中のLEDランプの色がリアルタイムに変化する。興奮は赤、リラックスは青、うれしいときはレインボー、遊びなどに集中しているときは点滅、という具合で、言葉が通じなくてもペットの気持ちを“翻訳”して教えてくれるわけだ。

このニュースの写真

  • 犬と人の「絆」つくる犬専用ウエアラブル登場 心拍変動で色が変化…その名も「イヌパシー」
  • 犬と人の「絆」つくる犬専用ウエアラブル登場 心拍変動で色が変化…その名も「イヌパシー」
  • 犬と人の「絆」つくる犬専用ウエアラブル登場 心拍変動で色が変化…その名も「イヌパシー」

「ニュース」のランキング