産経ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】総選挙でボロボロの朴槿恵大統領は政権末期お決まりのポピュリズムに走るのか?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】
総選挙でボロボロの朴槿恵大統領は政権末期お決まりのポピュリズムに走るのか?

 しかし、こうした双方の妥協で成り立った日韓合意の履行は全く先行き不透明面になっている。まず、韓国世論の反発の強い慰安婦像撤去は事実上、難しくなっている。無理に動かそうとすれば、野党が猛反発して世論を煽るからだ。慰安婦像が撤去できなければ、合意の柱である慰安婦のための財団創設も困難になる。財団ができなければ日本は約束した10億円の拠出ができなくなる。

 双方が約束を履行できないと、日韓合意は未完に終わる-とのシナリオも現実味を帯びている。未完となり韓国の次期政権に引き継がれたら、合意は白紙に戻るだろう。

 韓国野党は慰安婦の支援団体(韓国挺身隊問題対策協議会)との連携が強い。そして同団体の関係者には北朝鮮系のメンバーが少なからず入っている。慰安婦運動はナショナリズムを利用しようとする勢力、イデオロギー化させようとする勢力などが介在した政治運動ともいえるだけに、韓国国内の世論の影響を直接受けることになる。

 ただ、日韓合意は安倍首相と朴大統領の日韓電話首脳会談で確認しているため、朴政権で外交の争点化することはできない。日本にとってはすでに決着した問題。当面、韓国の「国内問題」を静観の構えで見守る必要がありそうだ。(産経新聞編集局編集委員)

「ニュース」のランキング