産経ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】総選挙でボロボロの朴槿恵大統領は政権末期お決まりのポピュリズムに走るのか?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】
総選挙でボロボロの朴槿恵大統領は政権末期お決まりのポピュリズムに走るのか?

どうなる慰安婦合意、未完の合意になる?

 朴槿恵大統領は総選挙後、慰安婦問題の焦点のひとつ、慰安婦像の日本大使館前からの撤去について「慰安婦像の撤去が(日韓合意に)関係があるとかないとか言われているが、合意では言及もしていない」と述べ、早くも韓国世論に屈する姿勢をみせた。

 日韓合意で慰安婦像の撤去については「適切に解決されるよう努力する」と謳ったに止めたが、交渉で日本側の強い要求があったのは周知事実で、民間団体を説得して韓国側が撤去または移転することが了解され合意が成立していた。

 その見返りとして日本側は安倍首相の謝罪の言葉のなかに「軍の関与」という言葉まで入れた。「軍の関与」はアジア女性基金の首相名のおわびの手紙に使われた表現で、軍が衛生管理などを行った間接的関与を指しているが、間接的な部分を“中抜き”して「軍の関与」とした。この譲歩にはいまだに日本でも批判が強い。

続きを読む

「ニュース」のランキング