産経ニュース

【憲法記念日】施行69年、国民を守れない憲法… 今こそ9条の改正や緊急事態条項の創設が欠かせない

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【憲法記念日】
施行69年、国民を守れない憲法… 今こそ9条の改正や緊急事態条項の創設が欠かせない

 現憲法は3日、施行69年を迎えた。

 連合国による占領、東西冷戦とその終結、中国の海洋覇権の追求や北朝鮮の核・弾道ミサイル開発…。

 日本を取り巻く環境は大きく変容してきたが、「戦力不保持」をうたう憲法は一文字も変わることはなく、日本の安全保障政策はその都度、大揺れを繰り返してきた。

 集団的自衛権の行使を限定的に認める安全保障関連法が今年3月末、施行された。それでもなお、「憲法9条の呪縛」は解かれておらず、緊急事態への備えも不十分なままだ。

 日米安保条約の見直しや在日米軍撤退に言及する米大統領選の候補も現れた。大規模災害が多発する時代に適した憲法が今ほど求められているときもない。

 しかし、9条は日本の守りを損ない続けている。

 4月20日午前、航空自衛隊那覇基地に緊急発進(スクランブル)の指令が入った。航空警戒管制のレーダーが、沖縄本島と宮古島の間の公海上空に機影を捉えたからだ。数分後、F15戦闘機2機が南西海上に向けて飛び立った。

 確認されたのは中国の早期警戒機。空自機を無視するように数時間飛行し、大陸方面へ去った。

 中国機へのスクランブルはこの5年で激増した。平成23年度は156回だったが、27年度は3・7倍の571回に上った。

 9条の下では、空自機から領空侵犯機を撃つことはできない。相手が警告を無視して領空を自由に飛び回っても、攻撃されない限り空自機は退去を呼びかけるだけだ。

「ニュース」のランキング