産経ニュース

【スポーツ異聞】巨人の永久欠番「4」の物語 「最後は巨人のユニホームを着せてほしい」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
巨人の永久欠番「4」の物語 「最後は巨人のユニホームを着せてほしい」

『侍ジャイアンツ』の文庫版。主人公の番場蛮は、巨人の永久欠番「4」を背負ってチームに「サムライ魂」を注入した 『侍ジャイアンツ』の文庫版。主人公の番場蛮は、巨人の永久欠番「4」を背負ってチームに「サムライ魂」を注入した

 プロ野球の「永久欠番」は野球人にとって大層、名誉なことではあるが、中には伝説めいた「逸話」もある。戦中・戦後の動乱の中、巨人軍で活躍した背番号「4」を記憶するファンは少ない。その外野手は黒沢俊夫といった。病床で「最後は巨人のユニホームを着せて葬ってほしい」と声を振り絞り、シーズン途中にチフスのため他界した。享年33。日本では不吉さを予感させる背番号が、いかにして巨人の永久欠番となったのか。黒沢が巨人の「第14代・4番」に名を刻んだ1946年から70年がたつ。野球賭博や勝敗をめぐる現金授受という愚かな行為によって背番号を汚した巨人の選手たちは、この哀しい物語をどう聞くだろうか。

伝説の沢村栄治とともに

 戦争の影が色濃く残る中、黒沢が思い半ばで息を引き取った経緯は、ノンフィクション作家、小野俊哉の『プロ野球は「背番号」で見よ!』(平凡社新書)に詳しい。

 終戦直後の劣悪な衛生環境によって、当時、年間約4万人が腸チフスに罹患した。責任感の強い黒沢は、体調がすぐれないことを三原脩監督に隠し、試合に出続けた。結果的にそれが命取りになったという。葬儀は球団葬として執り行われた。球団はチームを支えた黒沢をたたえ、背番号4について、戦死した伝説の名投手、沢村栄治の14と共に永久欠番にすることを発表した。

続きを読む

「ニュース」のランキング