産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】オバマ大統領の広島訪問に韓国メディアがまたもや難癖…「侵略の歴史に免罪符与えるのか?」「日本の謝罪が先だ」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
オバマ大統領の広島訪問に韓国メディアがまたもや難癖…「侵略の歴史に免罪符与えるのか?」「日本の謝罪が先だ」

 オバマ米大統領が今月末に広島を訪問する見通しとなったことに、韓国メディアがまた難癖をつけている。「戦争を起こした〝加害者〟の日本を〝被害者〟に変えてしまう」やら、「韓国や中国への謝罪が済んでいないのに」「日本の侵略の歴史に免罪符を与える」やらと、言いたい放題だ。昨年4月の安倍晋三首相による米議会演説の前に起きた韓国の執拗(しつよう)な干渉が思い出される。「再現」と言ってもいい。今度は日本だけでなく、「核なき世界」を訴える米大統領にまで、くどくどと注文をつけている。(ソウル 名村隆寛)

日本が〝被害者づら〟?

 韓国メディアがオバマ大統領の広島訪問に極めて敏感なのは、その反応の速さに表れている。4月10、11日に、先進7カ国(G7)外相会合への出席のためケリー米国務長官が広島を訪問したころから、大統領の訪問も決まっていないにもかかわらず、早くも〝干渉〟は始まっていた。その主な内容を振り返ってみる。

 「安倍政権の関係者が旧日本軍慰安婦被害者の強制動員を依然として否定するなか、日本の極右勢力がオバマ広島訪問を韓日関係で歴史の免罪符として強調する可能性もあるという懸念が、一部で出ている」(中央日報、4月11日付)。

続きを読む

「ニュース」のランキング