産経ニュース

【衝撃事件の核心】45歳男は女子高生の自転車に密かにGPSを取り付けていた…わずか3センチ四方の手軽さに悪用例続々 規制なく…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
45歳男は女子高生の自転車に密かにGPSを取り付けていた…わずか3センチ四方の手軽さに悪用例続々 規制なく…

 「いつでも会いにいけるようにした」。女子生徒の自転車に衛星利用測位システム(GPS)発信器を取り付けて行動を見張ったなどとして、ストーカー規制法違反容疑で会社員の男(45)が逮捕された。発信器はわずか3センチ四方の大きさで、専門店からインターネット上の手続きのみで入手したものだった。匿名性の高さや利用料金の安さなどから、GPS発信器がストーカー行為に悪用される例は後を絶たず、捜査関係者は「有効な犯罪ツールという認識が広まりつつある」と警戒している。(三宅令)

先回りする男

 なぜ行き先が分かるのだろう-

 女子生徒は昨年5月ごろから、自分の行動範囲に見覚えのある男が待ち伏せしていることに気づいた。アルバイト先、買い物先、学校帰り。見張られているような感覚で気持ちが悪い。「もう来ないでください」。あるとき男に伝えたが、その後も男は行く先々に出没した。

 男は、埼玉県三芳町藤久保の会社員、三浦邦(くに)匡(ただ)容疑者(45)。

 女子生徒はその約3カ月前の同年2月ごろ、ツイッター上で三浦容疑者と知り合っていた。三浦容疑者は音楽ライブのチケットを転売していたといい、女子生徒は複数回購入。用心のために現金の受け渡しはライブ会場の近くで行い、自分の住所や氏名などは明かしていなかった。

 「かわいい子だったので好きになってしまった」。三浦容疑者は、女子生徒が移動に利用していた自転車に目をつけた。サドルの裏側に密かに黒いビニールテープでGPS発信器を取り付けた。

続きを読む

「ニュース」のランキング