産経ニュース

【三菱自不正・2回目会見詳報(1)】燃費でプレッシャー「あったと思う」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【三菱自不正・2回目会見詳報(1)】
燃費でプレッシャー「あったと思う」

三菱自動車の燃費データ不正問題で、国交省への報告を終え会見する相川哲郎社長(中央)。会見冒頭、深々と頭を下げた=26日、東京・国交省(早坂洋祐撮影) 三菱自動車の燃費データ不正問題で、国交省への報告を終え会見する相川哲郎社長(中央)。会見冒頭、深々と頭を下げた=26日、東京・国交省(早坂洋祐撮影)

 ≪26日、国土交通省の記者会見室には約200席が用意されたが、席に座りきれず会場の床にしゃがみ込んで会見に備える記者や、撮影しやすい場所にカメラを設置するカメラマンもいる。報道陣が待ち構える中、午後4時30分、三菱自動車の相川哲郎社長らが入り、頭を下げながら着席≫

 相川社長「三菱自動車工業の相川でございます。当社製車両の燃費試験における不正行為に関わる国土交通省への報告についてご説明いたします。当社製車両の燃費試験における不正行為に関し、4月20日に国土交通省より受けた調査指示につき、本日報告書を提出いたしましたので、概略につき、以下の通りご報告いたします。

 1.当社製軽自動車における燃費試験データ不正の経緯について。

 (1)14型『eKワゴン』『デイズ』に設定されている4つの類別(燃費訴求車、標準車、ターボ付車、4WD車)のうち、燃費訴求車の開発において、目標燃費は当初26.4キロメートル/リットルであったが、その後の社内会議で繰り返し上方修正され、最終的には29.2キロメートル/リットルまで引き上げられた。

 (2)同燃費訴求車につき、法規で定められた惰行法と異なる方法「高速惰行法」で走行抵抗データを実測。燃費をよく見せるため、計測したデータの中から小さい値を選別し、走行抵抗を設定した。残る類別については、実測を行うべきところ、同燃費訴求車の値を基に机上算出した。

「ニュース」のランキング