産経ニュース

【ビジネス解読】韓国が誇る高速鉄道ヘムに早くも暗雲…最高速度430キロのはずが303キロ 線路能力不足で「宝の持ち腐れ」か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
韓国が誇る高速鉄道ヘムに早くも暗雲…最高速度430キロのはずが303キロ 線路能力不足で「宝の持ち腐れ」か

韓国が誇る高速鉄道ヘム。最高時速430キロだが、今月行われた試乗会では300キロ超しか出なかった(画像はユーチューブより) 韓国が誇る高速鉄道ヘム。最高時速430キロだが、今月行われた試乗会では300キロ超しか出なかった(画像はユーチューブより)

 聯合ニュースも、記事の後半で、試乗会での最高速度は303キロだったことを報じ、「騒音は思ったより少なかったが、振動はKTXよりひどい」とする感想もあった。この点については、「商用化の際には、このような問題はないだろう」という研究責任者の解説が付いている。

 ヘムは、これまでのKTXの車両と大きく異なる車両である。KTXは先頭と最後尾の車両に動力装置(機関車)が付き、客車を牽引(けんいん)する「動力集中式」なのに対し、ヘムは日本の新幹線と同様にすべての車両の下部に動力装置がある「動力分散式」を採用している。これにより、座席を増やせるメリットがあるほか、何よりも、速度を増しても車両全体の安定走行が図れるという。これまでの試験走行で421.4キロを出し、「フランス・中国・日本に続き世界4番目のスピードを記録した」(中央日報)。

 ところが、韓国国内で時速370キロを出すのが不可能であることが分かったのだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング