産経ニュース

【三菱自不正・会見詳報(5完)】「問題を起こした元実験部長は現在60代の『シニア社員』」「処罰の判断つかない。国交省に従う」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【三菱自不正・会見詳報(5完)】
「問題を起こした元実験部長は現在60代の『シニア社員』」「処罰の判断つかない。国交省に従う」

三菱自動車が燃料試験における不正行為に関して、記者会見する相川哲郎・取締役社長兼COO(中央)ら=東京都千代田区霞が関の国土交通省(伴龍二撮影) 三菱自動車が燃料試験における不正行為に関して、記者会見する相川哲郎・取締役社長兼COO(中央)ら=東京都千代田区霞が関の国土交通省(伴龍二撮影)

--実験部長の年齢、性別は

 横幕開発本部長「男性部長は現在年齢のデータは60代。男性です」

 --性能実験部からもっと燃費のいいものを作り直せと指示はできなかったのか。技術の三菱自動車ではなかったのか

 中尾副社長「おっしゃる通り。それは設計にもう少しこういったものを作れと言う指示はできるはずなんです。そうすべきだったと思っている。今そういう風な事態を招いているので、当社に技術力があるとかはいえない」

 --当該社員は実験部長のあとのポストは

 横幕開発本部長「第一性能実験部長の後はシニア社員ということで、技術指導をする立場の社員にありました。設計マスターと呼んでいた、社内の呼称ですが」

 --燃費ということを開発目標として強く意識していたということか。もう後戻りできないまでに追い込まれた

 横幕開発本部長「性能実験部が(新車開発に)携わるのは、開発の後期でございます。後戻りできないと言うことはなく、販売日程から開発日程を戻す形になるので、もう戻れないとかではない」

「ニュース」のランキング