産経ニュース

【三菱自不正・会見詳報(5完)】「問題を起こした元実験部長は現在60代の『シニア社員』」「処罰の判断つかない。国交省に従う」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【三菱自不正・会見詳報(5完)】
「問題を起こした元実験部長は現在60代の『シニア社員』」「処罰の判断つかない。国交省に従う」

三菱自動車が燃料試験における不正行為に関して、記者会見する相川哲郎・取締役社長兼COO(中央)ら=東京都千代田区霞が関の国土交通省(伴龍二撮影) 三菱自動車が燃料試験における不正行為に関して、記者会見する相川哲郎・取締役社長兼COO(中央)ら=東京都千代田区霞が関の国土交通省(伴龍二撮影)

 --性能実験部は、実験結果のみを開発陣に公表する部署ではないのか。なぜ性能実験部が不正をやる必要がどこにある

 横幕開発本部長「性能実験部は開発本部の中でも開発目標に対して、いわゆるキャリブレーション(測定)を行う部であります。ただ、車両ですとか他の要素もありますが、最終的な燃費排ガスを管理している部署ですので、キャリブレーションという形で目標にどのようにチューニングして出していくのかという部署でもあります。キャリブレーションするにあたっては、いろんなエンジンとかの技術要素は設計から改善案とか提供されて、試験の中でキャリブレーションをするという流れです」

 --部長の不正については、どこでいつ何回確認されているのか

 横幕開発本部長「部長が行った不正という簡単な整理ではなく、徹底的な調査をしていきたい。どこで行われたかは、開発の後期においてキャリブレーション(測定)の中で最終的な排ガス測定、岡崎の開発本部でいつかは分からない。各車種において排ガス燃費データを出す。今回排ガスと燃費の平均値で出すが、今回でていない。年式と車種というかけ算の件数が試験結果がある。少なくとも4回以上は操作があるはず。車種類別がややこしいが、5車種で年式も入れて、走行抵抗を出すタイミングは5回あったはず」 

「ニュース」のランキング