産経ニュース

【三菱自不正・会見詳報(4)】「コンプライアンスを浸透させることができなかった」「いつまでライン停止するかもみえていない」相川社長

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【三菱自不正・会見詳報(4)】
「コンプライアンスを浸透させることができなかった」「いつまでライン停止するかもみえていない」相川社長

三菱自動車が燃料試験における不正行為に関して、記者会見する相川哲郎・取締役社長兼COO=東京都千代田区霞が関の国土交通省(伴龍二撮影) 三菱自動車が燃料試験における不正行為に関して、記者会見する相川哲郎・取締役社長兼COO=東京都千代田区霞が関の国土交通省(伴龍二撮影)

 --数値の不正を行ったのは性能実験部の複数の担当者か

 横幕康次開発本部長「当時の実験部長が『私が指示をした』といっているが、指示を受けた人間のヒアリングを終えていないので、会社としては現在確認中だ」

 --実験部長の現在のポストは

 横幕開発本部長「当該の人間は、開発本部長付になっている」

 --不正にかかわっていると認めているのでは

 横幕開発本部長「立場と責任を痛感し、(実験部長が)認めている。現時点で認めているのは(実験部長)1人のみ。徹底的に解明したうえで報告したい」

 --リコールの教訓は

 相川社長「コンプライアンス(法令遵守)を第一に社内で浸透させることをやってきた。やってきたが、これが社員ひとりひとりに浸透できなかったということです」

 《進退問題も質問は2度目》

 --改めて進退については

 相川社長「まずは、この問題を一刻も早く解決し、再発をさせない道筋をつけることと思っています。進退についてはそのあと」

 --生産していた水島製作所(岡山県倉敷市)はどうなる

 相川社長「これまで内容については、例えば組合。これから労組と話したい。(今回の事態で)水島のなかのメーンラインが停止する。いつまでかは、国交省と措置について相談させてもらわないと。いつから、届け出し直すとかできない。この先、いつまで、ライン停止するかもみえていない。ライン停止は、本日の午後出した」

「ニュース」のランキング