産経ニュース

【正論】LGBT差別禁止法に異議あり! 異性愛を指向する価値観に混乱をきたしてはならない 麗澤大教授・八木秀次

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【正論】
LGBT差別禁止法に異議あり! 異性愛を指向する価値観に混乱をきたしてはならない 麗澤大教授・八木秀次

麗澤大学の八木秀次教授(寺河内美奈撮影) 麗澤大学の八木秀次教授(寺河内美奈撮影)

 法はさまざまな人間関係の中で男女の法律上の結婚関係(婚姻)を優遇し、特別に保護している。夫婦には同居・協力・扶助義務を課し、不貞行為を禁止している。配偶者が亡くなれば財産の半分を法定相続できる。税務上も優遇され、企業においても手当が支給される。これらは婚姻が子供を産み育てる制度として構築され、子供が健やかに育つよう両親の関係を強化し保護したものだ。子供は将来の労働力や社会保障の担い手であり、国としても子供の福祉のために婚姻を優遇し保護している。

検討されるLGBT法の制定

 言うまでもなく子供は男女の間にしか産まれない。それゆえ婚姻は男女の関係に限られる。また、さまざまな「性的指向」の中でも異性愛は他の指向よりも優位性を持たせなければならない。渋谷区条例のように異性愛も他の性的指向も価値として平等となれば、婚姻制度の根幹が崩れてしまう。

「ニュース」のランキング