産経ニュース

【普天間返還合意20年】島袋吉和・元名護市長「翁長氏は県民、国民をだましている」 同意で北部振興策も期待

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【普天間返還合意20年】
島袋吉和・元名護市長「翁長氏は県民、国民をだましている」 同意で北部振興策も期待

島袋吉和氏 島袋吉和氏

 --翁長氏はV字案に地元同意はないと主張している

 「事実を隠し県民、国民をだましている。市長として基本合意書に署名した」

 --額賀氏と何度も協議を重ねていた

 「沿岸案では市内の住宅上空が飛行ルートにかかるため受け入れられず、飛行ルートから外れるよう求めた。辺野古周辺の住民がそれを強く要望していた」

 --額賀氏は住宅上空を飛ばないV字案を提示した

 「その一点でV字案は沿岸案とはまったく別のものだ。沿岸案では隣接する宜野座村でも住宅上空が飛行ルートにかかったが、V字案で飛行が回避され、宜野座村長も一緒に同意した」

 --現名護市長の稲嶺進氏は島袋氏は公約に反して同意したと主張している

 「私が公約で掲げていたのは沿岸案への反対。沿岸案とV字案を区別せず、都合良く説明している。私の市長時代、(進氏は)教育長だった。毎週のように会議で意見交換をしていたが、V字案で同意したことに異を唱えたことは一度もなかった。住宅上空の飛行が回避されれば同意すると市幹部にも与党市議にも事前に伝えてあった」

「ニュース」のランキング