産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】超短期決戦の就職活動 親が「やってよいこと」「やってはいけないこと」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
超短期決戦の就職活動 親が「やってよいこと」「やってはいけないこと」

解禁日の3月1日に開かれた合同会社説明会には多くの学生が集まった=千葉市美浜区(荻窪佳撮影) 解禁日の3月1日に開かれた合同会社説明会には多くの学生が集まった=千葉市美浜区(荻窪佳撮影)

 2017年卒の就職活動が本格的にスタートして、間もなく2カ月となります。内定塾の学生もエントリーシート提出や面接選考が徐々に始まってきましたが、2017年卒の就職活動は、超短期決戦だといわれています。

 昨年と比較し、今年起こるであろうことをまとめると、

・6月選考の前に「リクルーター」や「社員懇談会」と題して、学生との早期接触を図る企業が多い

・選考がスタートすると、企業からの「囲い込み」が激しくなり、希望している数の企業の選考に進むことができない

など、スケジュールの大幅変更により、今までのやり方とは全く違う「予期せぬ就活状況」が発生することが予想されます。

 就職活動は学生にとって初めての経験で本人が不安なのは当然ですが、就職活動生を子供に持つ親もそれ以上に惑うことの連続だと思います。そこで、今回のコラムでは、超短期決戦の就職活動の子供を支える親が「やってよいこと」「やってはいけないこと」についてお伝え致します。

「ニュース」のランキング