産経ニュース

【防衛最前線(64)】北の空を守るスカイシューター 陸自の87式自走高射機関砲には「ハエたたき」の異名も…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【防衛最前線(64)】
北の空を守るスカイシューター 陸自の87式自走高射機関砲には「ハエたたき」の異名も…

砲塔上部には皿状の追尾レーダーと、棒状の索敵レーダーを搭載(陸上自衛隊提供) 砲塔上部には皿状の追尾レーダーと、棒状の索敵レーダーを搭載(陸上自衛隊提供)

 キャタピラの上に2門の砲を積む独特の外観からファンも多いが、実用の面では時代遅れになり始めている。

 スカイシューターは戦車に随伴行動することが求められているが、車体のベースは74式戦車のため、陸自の主力戦車が90式に移行している中で、機動力に差が生まれているのも実情だ。

 さらに、搭載する2門の35ミリ対空機関砲の性能は優れているが、敵となる戦闘ヘリや航空機に積まれる対戦車ミサイルや誘導爆弾の近代化が進み、射程距離で劣るようにもなった。実戦では射程外から攻撃する「アウトレンジ戦法」により、敵から一方的に破壊される可能性が大きいとの指摘もある。

 ただ、地上の対空高射砲は、敵に発見されにくくする“偽装力”がある。飛行中の戦闘ヘリが偽装された地上の対空機関砲を見つけるのは容易ではなく、スカイシューターの射程内に入れば、十分勝負になるという。

 安全保障の焦点が北方から中国の海洋進出が著しい南西諸島へとシフトした現代では、戦車と同様、87式自走高射機関砲の存在は微妙になり始めている。ただ、ロシアの脅威が全く消えたわけではない。陸自幹部は「防衛に想定外は許されない。いざというとき、北方の守備では活躍してくれるはずだ」と期待を寄せる。

(政治部 石鍋圭)

このニュースの写真

  • 北の空を守るスカイシューター 陸自の87式自走高射機関砲には「ハエたたき」の異名も…
  • 北の空を守るスカイシューター 陸自の87式自走高射機関砲には「ハエたたき」の異名も…
  • 北の空を守るスカイシューター 陸自の87式自走高射機関砲には「ハエたたき」の異名も…
  • 北の空を守るスカイシューター 陸自の87式自走高射機関砲には「ハエたたき」の異名も…
  • 北の空を守るスカイシューター 陸自の87式自走高射機関砲には「ハエたたき」の異名も…

「ニュース」のランキング