産経ニュース

【2018平昌五輪】入場券=160万ウォンは韓国サラリーマンの平均月収の6割超! 「誰が買うんだ?」と怒りの声が続出し… 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【2018平昌五輪】
入場券=160万ウォンは韓国サラリーマンの平均月収の6割超! 「誰が買うんだ?」と怒りの声が続出し… 

平昌五輪のイメージ(SBSのホームページから) 平昌五輪のイメージ(SBSのホームページから)

 2018年平昌五輪を統括する五輪組織委員会は、本気で大会を成功させる気があるのか疑わしくなる。SBSは3月22日付で、組織委が開会式の最高観覧席のチケットを160万ウォン(約16万円)に設定したと報じた。韓国サラリーマンの平均月収が264万ウォン(14年、韓国ヘラルド経済)だけに、韓国ネットユーザーは「高すぎる」の声とともに「一体誰が見に行くんだ」などと呆れるほどだ。韓国メディアは五輪委が目標に掲げる113万人の観客動員を「不可能な目標だ」とバッサリ。経済水準を考えると地元だけで会場を埋めるのは難しく、外国人の誘致などが必要だが、いまだに五輪ムードを盛り上げるマスコットが発表されないままでは、組織委の本気度を疑いたくなるのも無理はない。

 SBSは、チケット代金は3月14~16日に開かれた国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会に報告された内容に基づいているという。組織委は開会式の入場券について10年ハンクーバー、14年ソチの両五輪より「安く策定する」ことを明らかにしていたそうだ。

このニュースの写真

  • 入場券=160万ウォンは韓国サラリーマンの平均月収の6割超! 「誰が買うんだ?」と怒りの声が続出し… 
  • 入場券=160万ウォンは韓国サラリーマンの平均月収の6割超! 「誰が買うんだ?」と怒りの声が続出し… 

「ニュース」のランキング