PR

ニュース プレミアム

【スポーツ異聞】韓国の反日教授が「ナイキシューズの底に旭日旗」と妄想的言い掛かり M・ジョーダンにも抗議書簡を送付したが…

Messenger

 反日的な言動で知られる韓国・誠信女子大の徐敬徳教授が、またも歪曲した歴史認識に基づいた言い掛かりをつけた。同教授は「旭日旗」を日本軍国主義の象徴と主張し続けているが、今回もナイキが2月末に発売したバスケットシューズの靴底のデザインが「旭日旗」を模していると強弁し「戦犯旗(旭日旗)のデザインを使用するな」などと米国のナイキ社長ら役員8人とマイケル・ジョーダンへ抗議書簡を3月24日に送ったと韓国メディアが一斉に報じた。韓国内ではこの靴を巡って批判が起き、韓国のナイキが3月中旬に販売を中止していた。「反日」に基づく歪曲した歴史認識の典型といえるが、「旭日旗」が軍国主義のシンボルではないのは自明の理。にもかかわらず、韓国ネットユーザーは同教授を「本当に格好いい」と礼賛する声が寄せられていた。

 朝鮮日報によると、徐教授が今回、問題視しているのは「エア・ジョーダン12レトロ・ザ・マスター」というバスケットシューズだという。写真でも分かるが、靴底のデザインは赤い線が放射状に伸びており、勢いを感じさせる。ところが、これが旭日旗という指摘なのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ