産経ニュース

【ローカルプレミアム】実存さえ疑われた初代横綱・明石志賀之助の実像に迫る 宇都宮・蒲生神社では奉納相撲も

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ローカルプレミアム】
実存さえ疑われた初代横綱・明石志賀之助の実像に迫る 宇都宮・蒲生神社では奉納相撲も

明石志賀之助石像の横に立つ中村弘さん。陣幕が建立し、戦後移設された石碑もある=宇都宮市塙田の蒲生神社 明石志賀之助石像の横に立つ中村弘さん。陣幕が建立し、戦後移設された石碑もある=宇都宮市塙田の蒲生神社

 初代と2代横綱が栃木出身 初代横綱・明石志賀之助に続く、第2代横綱、綾川五郎次(ごろうじ)も下野国出身とされ、栃木市旭町の定願寺に墓がある。第27代横綱、栃木山(とちぎやま)守也(1892~1959年)は現在の栃木市藤岡町出身。3場所連続優勝していた大正14(1925)年、突然引退した。幕内優勝は計9回、横綱在位時の勝率は9割を超えた。春日野部屋を創設。初代横綱明石志賀之助杯少年奉納相撲大会は毎年、春日野部屋の力士を招いている。蒲生神社の大鳥居は大正15年の創建時に栃木山が寄進した。栃木山以降90年間、県出身の横綱は不在。

「ニュース」のランキング