産経ニュース

【経済インサイド】野生のシカやイノシシの皮革製品はいかが? ジビエに続くメード・イン・ジャパン資源として活用できるか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
野生のシカやイノシシの皮革製品はいかが? ジビエに続くメード・イン・ジャパン資源として活用できるか

国内でなめされた革。手前からイノシシ革、鹿革、オーストリッチ(ダチョウ)=東京都墨田区の山口産業 国内でなめされた革。手前からイノシシ革、鹿革、オーストリッチ(ダチョウ)=東京都墨田区の山口産業

 シカやイノシシなど野生動物による農林水産業や生活環境への被害が広がり捕獲による個体数減少が推奨される中、捕獲後に獣皮を資源として有効活用しようとする取り組みが始まった。獣害駆除(狩猟)で得られる獣肉は食肉加工され「ジビエ料理」として人気を集めつつあるが、獣皮は廃棄される場合が多く、皮革に加工しても販路がないなど問題を抱える。環境保全のための捕獲で生じる廃棄物を資源化してマーケットを創出することで、狩猟に伴う新たな価値づくりを加速化しようとしている。

                ◇

 捕獲されたシカやイノシシなどの獣皮を利活用しビジネス化しようというのが、レザー・サーカス(東京都墨田区)だ。参加メンバーは獣皮産地、皮革素材加工会社、皮革製品メーカー、デザイナーのほか、自主企画商品を扱う小売業者を想定。国内で得られる獣皮を国内で皮革にし国内メーカーで製品化することで、国産ブランドの競争力を付ける狙いもある。取り組みは経済産業省の2015年度皮革産業振興対策事業費補助金付加価値化事業に採択された。

このニュースの写真

  • 野生のシカやイノシシの皮革製品はいかが? ジビエに続くメード・イン・ジャパン資源として活用できるか

「ニュース」のランキング