産経ニュース

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(34)その生涯編・出会った100人超の学者たち

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】
独立不羈の男・河合栄治郎(34)その生涯編・出会った100人超の学者たち

前のニュース

(毎週土曜日に掲載します)

英国自由主義への確信

 英国バーミンガム郊外のウッドブルック・セツルメントに滞在していた河合栄治郎は、学者たちに会うためにめまぐるしく動いていた。英国滞在中に彼が会った学者たちは、おおむね100人を超える。

 英国でもロシア革命直後は共産主義を理想化して、これを支持する人々も少なくなかった。しかし、労働党が大正9(1920)年、ソ連に派遣した調査団のバートランド・ラッセルが報告書『ボルシェヴィズムの実践と理論』で実情を伝えると、党は共産主義に反対する姿勢を明らかにしていた。

 栄治郎はスコットランド旅行を経てロンドンに戻ると、ロンドン大学にH・ラスキ教授を訪ねた。ラスキといえば、30歳そこそこで花形教授になった気鋭の学者である。彼は「国家の判断が至高であるとする主張は正当なものとはいえない」とヘーゲルの主権的国家論を批判し、国家も教会、学校と同様に社会団体の一つであるとする「多元的国家論」を提唱していた。

 栄治郎はこのほかE・バーカー、L・ホブハウス、G・D・H・コールらに接した。栄治郎にとってラスキは、くみしやすそうではあるが、人物が無愛想で不快な印象を抱いた(「日記I」『全集第二十二巻』)。ホブハウス教授には1923年3月に、やはりロンドン大学で会っている。栄治郎は訪問するにあたって、わざわざタキシードに着替えて敬意を表した。

続きを読む

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎のニュース

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎の写真

  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(61)その生涯編・攻撃
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(60)その生涯編 戦火拡大
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(58)その生涯編・人民戦線事件
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(56)その生涯編・赤門人民戦線
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(52)その生涯編・孤高の戦い
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(51)その生涯編・不動の思想
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(48)その生涯編・1年ぶりの祖国
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(47)その生涯編・ソ連とドイツ
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(45)その生涯編・講演旅行
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(44)その生涯編・講演依頼
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(43)その生涯編・論争後
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(42)その生涯編・一騎打ち

「ニュース」のランキング