産経ニュース

【経済インサイド】牛丼を毎日食べても健康リスクはありません!吉野家の“お手盛り”調査報告はツッコミどころ満載だった…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
牛丼を毎日食べても健康リスクはありません!吉野家の“お手盛り”調査報告はツッコミどころ満載だった…

 こうした、調査自体に突っ込みどころが満載だったことから、ネット上では、「残りの2食で野菜中心に調整可能」とする声や「3カ月間では短い」「被験者が少な過ぎる」などとする意見や批判が噴出した。

 吉野家が、第三者機関を通じた客観的な調査でないにも関わらず、あえて結果を報告したのは、牛丼に対するイメージを変えたかったからだ。同社は、近年メタボリックシンドロームが増えた原因として「畜肉の摂取があると思われがちなことがある」と指摘。その連想で「牛丼が不健康なイメージに巻き込まれた」とし、「そうしたイメージを払拭するための研究だ」と目的を説明している。

 近年のダイエット志向の高まりで「太りやすい」などの印象をぬぐえなければ、販売にも影響しかねない。とくに女性層を呼び込むにはその印象を変える必要がある。吉野家ホールディングスの河村泰貴社長が昨年から、頻繁に「健康」をキーワードとして掲げるようになったのは、その思いの裏返しともいえる。

「ニュース」のランキング