産経ニュース

【サザエさん秘話】サザエさんの声を47年…声優・加藤みどり76歳、実はカツオ役でオーディションを受けていた!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【サザエさん秘話】
サザエさんの声を47年…声優・加藤みどり76歳、実はカツオ役でオーディションを受けていた!

サザエさんの声優、加藤みどりさん サザエさんの声優、加藤みどりさん

 長谷川町子さんの国民的漫画「サザエさん」。その生誕70周年を記念したアニメの1時間スペシャル「春の浅草観光&湯水家でお手伝いSP」が、フジテレビ系で27日(午後6時)に放送される。主人公のサザエ役でおなじみの声優、加藤みどりさん(76)が取材に応じ、「サザエさんは運命的なものだった」と、収録の裏話や作品への思いを明かしてくれた。(三品貴志)

「当て馬かと思った」

 漫画「サザエさん」は昭和21年4月22日、福岡の地方紙「夕刊フクニチ」で連載が始まり、その後、朝日新聞に掲載を移して49年まで連載された。アニメは44年、フジテレビ系で放送が始まり、現在、放送47年目に突入している。

 「サザエでございま~す」。おなじみの明るい掛け声で現れ、記者を和ませてくれた加藤さん。今では「サザエさん声優」として知られるが、かつてはアニメ「おそ松くん」のおそ松など、子供や少年の声を演じる機会が多かった。そのため、当時のオーディションには、サザエの弟、カツオ役を受けるつもりで臨んだという。

 「でも、オーディションで『サザエを一言やってみて』と言われて、これは当て馬だと思ったんです。ほかに誰か(サザエ役の本命声優)がいて、私と比べて『やっぱりあっちの方がいい』ということだろうと。だから、サザエに決まったときは本当にびっくり。脳天気で、返事だけはいい素直さが良かったのでしょうか」

「収録が終わるまで死ぬな!」

 放送開始当初、若手声優だった加藤さんは「自由にやらせてもらい、アドリブを入れたり、やりたい放題だった。ほとんどカットされてましたけど」と振り返る。一方、年に2回ほど松本美樹プロデューサー(故人)から呼び出され、「お説教」も受けていたという。

このニュースの写真

  • サザエさんの声を47年…声優・加藤みどり76歳、実はカツオ役でオーディションを受けていた!
  • サザエさんの声を47年…声優・加藤みどり76歳、実はカツオ役でオーディションを受けていた!
  • サザエさんの声を47年…声優・加藤みどり76歳、実はカツオ役でオーディションを受けていた!

「ニュース」のランキング