産経ニュース

【日々是世界】「ザ・コーヴ」主人公のイルカ保護活動家の強制送還 欧米メディアはまたもや偏向した日本バッシングを繰り広げ…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日々是世界】
「ザ・コーヴ」主人公のイルカ保護活動家の強制送還 欧米メディアはまたもや偏向した日本バッシングを繰り広げ…

 世界最高峰の映画界の祭典、米アカデミー賞が今年も決まった。各賞の選定により、さまざまな作品やそのストーリーに焦点が当たり、世界各国で批評家の論議や、受賞作品から影響を受けた社会現象が今年も展開されていく。

 今から6年前、日本へのバッシングの契機となる作品がスポットライトを浴びた。

「ザ・コーヴ」の主人公

 和歌山県太地町(たいじちょう)で行われている追い込みイルカ漁を、ハリウッド仕込みの特撮機材で隠し撮りし、批判した「ザ・コーヴ」(ルイ・シホヨス監督)。2010年の第82回アカデミー賞で、長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した作品である。

 劇場公開後、各シーンの編集トリックや事実誤認、取材不足が露呈し、事実を伝えるドキュメンタリー作品としての価値に大きな疑問符がつく事態になった。しかし、この映画は、日本のイルカ漁は野蛮で非人道的で、21世紀にはそぐわない非文明的な営みであるというイメージを国際社会に増幅させる大きな役割を果たした。

 華やかな舞台でオスカー像を手にした「ザ・コーヴ」の主人公、リック・オバリー氏(76)が式典から6年後の今年1月、成田空港で入国が認められず、祖国の米国へと強制送還された。オバリー氏は観光目的で入国を図ろうとしたが、入管当局は「日本での活動内容について具体的な説明もなく立証が十分になされていない」として、上陸拒否の措置をとった。

続きを読む

「ニュース」のランキング